photograph by HIRO

松本哲也


シンガーソングライター

希望郷いわて文化大使 / さんりく大船渡ふるさと大使


岩手県水沢市(現・奥州市)出身。


幼少期預けられていた児童養護施設の保父さんが弾くギターで音楽に興味を持ち、中学1年の時中古のギターを購入。独学で覚えたコードを弾きながら日記などにメロディーをつけ曲作りに夢中になる。


中学卒業後単身上京。

飲食店で働きながらストリートやライブハウスで歌い続ける。


2002年ワーナーミュージックジャパンより「翼」でメジャーデビュー。


2004年、日本テレビ「NNNドキュメント’04」で生い立ちに迫ったドキュメンタリーが全国放送。大きな反響を受け半生を綴った告白記「空白」を幻冬舎から刊行。作家「村上龍」氏が帯にコメントを寄せる。


2009年、岩手県「希望郷いわて文化大使」委嘱。


2011年、震災から1ヶ月後の4月11日エンターテーメント一体型炊き出しキャラバン「いわて三陸復興食堂」を仲間たちとスタート。被災し家を失くしたすべての人が仮設住宅に入るまでの約1年半ほぼ毎週末被災地で開催。


2013年、自身の半生と亡き母をモデルにした鈴木砂羽主演映画「しあわせカモン」が全国公開。同時に書き下ろしの主題歌「ユキヤナギ」で10年ぶりにワーナーミュージックジャパンから再びメジャーデビュー


2016年、岩手県大船渡市さんりく大船渡ふるさと大使委嘱。


2021年、初のセルフプロデュースとなるアルバム「Glass Fangs」をリリース。ブックレットやジャケットデザインなど自ら手がける。


これまでにオフィシャルでリリースされたCDはシングルアルバム含め16枚。生い立ちや音楽活動は映画やドキュメンタリー番組、テレビの特集などで多く取り上げられてきた。


現在自身の音楽活動の他に地元岩手でラジオパーソナリティーや他アーティストへの楽曲提供、CMソングやテーマソング制作など幅広く活動している。


2022年、デビュー20周年という大きな節目を迎える。

Copyright©   Tetsuya Matsumoto All Rights Reserved.